スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年-秋

 秋の公式戦シーズンが閉幕

さわやか杯予選、住友信託東京カップ予選と中央大会につながる大会は、ともに悔しいところで敗退。
区民体育大会は、2連覇を目指した2年生が準優勝、他の学年、どのチームも内容のあるプレーで、春からの成長を感じさせてくれました。

学年   大会名 対戦 結果 備考
代表 - 代表大会(さわやか杯予選) 激しい攻防も決着つかずPK戦に。あと一歩のところに手が届かず・・・。
やはた ×0-0
PK1-3
3回戦
○3-0 2回戦
等々力 ○12-0 1回戦
6年 - 6年大会 Bチーム主体で健闘したものの、ワンチャンスを決められて敗退。
若林 ×0-1 2回戦
5年 A 5年すぎのこ大会(住友信託東京カップ予選)
第4位入賞!
準決・3決ともに立ち上がりセットプレーからの失点でリズムをつかめず・・・初のベスト4進出も苦い結果に。来年春の全日本予選で雪辱だ!
エスペランサ ×1-4 3位決
トッカーノ ×1-4 準決勝
塚戸 ○1-0 準々決勝
麻生 ○1-0 3回戦
山野 ○7-1 2回戦
やはた ○4-0 1回戦
B 5年あすなろ大会 圧倒的に攻め込みながらシュートが決まらずまさかの敗退・・・
テキサス ×0-0
PK1-2
1回戦
- 秋季新人戦大会 新人戦ということで新しいフォーメーション・メンバーでチャレンジしたものの、春の優勝チームに惜敗。
羽根木 ×0-1 3回戦
烏山 ○2-1 2回戦
○1-0 1回戦
4年 - 4年すぎのこ大会 初戦こそPKで辛勝したものの、士気をあげることができず2回戦敗退。
エスペランサ ×0-2 2回戦
瀬田A ○0-0
PK3-0
1回戦
3年 A 3年すぎのこ大会 思うようなパスワークを見せられず、相手の力強い攻撃を抑えきれず。
尾山台A ×0-2 2回戦
麻生A ○6-1 1回戦
B 3年あすなろ大会 前半を最小失点で乗り切りながら、攻撃に転じたところを狙われ敗戦。
麻生B ×0-4 2回戦 
2年 A 2年大会
準優勝!
決勝戦は惜しくもPK戦での敗退でしたが、V2目指してチーム一丸となり、最後まで粘り強い戦いで成長を感じさせてくれました。
MIP ×1-1
PK2-3
決勝
尾山台 ○2-0 準決勝
烏山北 ○3-0 準々決勝
千歳台 ○2-1 3回戦
塚戸A ○6-0 2回戦
竹の子 ○6-0 1回戦
B 素早い寄せからねばり強く戦ったものの、相手の決定力の前に敗退。
バディ ×0-7 1回戦
B 2年あすなろ大会 ほとんどの時間帯でボールを支配したがゴールを奪えず。PK戦に持ち込まれ敗退。
若林 ×0-0
PK4-5
1回戦
1年 - 1年大会 順調に2回戦まで突破。3回戦では圧倒的に攻め込みながらもゴールが決まらず惜敗。
やはた ×0-1 準々決勝
烏山 ○2-0 2回戦
千歳台 ○2-1 1回戦
スポンサーサイト

2007年度 OB情報

 下地奨くん、サガン鳥栖と契約内定!

下地奨くんサガン鳥栖入団
画像提供:サガンドリームス

桜町SCのOBである下地奨くんから、今回のサガン鳥栖との契約内定にあたって、私たち桜町SC宛に『特別メッセージ』をもらうことが出来ました。
クラブへ、選手たちへ、そのお父さん・お母さんへ、と下地くんならではの思いやりのある心のこもったメッセージを紹介します。

桜町OB・下地奨くん桜町OB・下地奨くん桜町OB・下地奨くん
写真提供:青山スポーツ


下地くんへの応援メッセージはこのページの下から!↓



「桜町SCのみなさんへ」

卒業して10年が経って、今ようやくプロの世界に辿り着くことができました。
小学生の頃からずっと描いていた夢の舞台に立てるかもしれない、まだサッカーを続けられるんだということに感激しています。ちょっとしたタイミングや運、いろんな事情でプロを諦めた人たちを見てきているので、自分はかなり幸せなんだと思っています。そして、上を目指せるこのチャンスを生かして、次の目標や夢を実現するためによりいっそう頑張っていこうと気が引き締まる思いです。

僕の全ての始まりは町小のサッカーです。
1年生のときに、2つ上の姉の影響で始めたサッカーでしたが、気づけば自分の中で1番大切なものになっていました。負けたり上手くいかないと、泣きながらボールを追っていた覚えもあります。今とは違って、10年前の桜町は弱くて、都大会なんて遠い目標でした。それでも、強い相手にいい試合をしたり、勝てたり、常に自分たちのベストを出そうとして、たまにそれ以上の力を発揮したりもしました。弱いからこそ、「みんなで戦う」っていう強い連帯感がありました。今でもチームメイトだったヤツらとはよく遊びます。やっぱりサッカーは最高です。一生の友達ができたのもサッカーのおかげです。

小学生のときは、なかなか勝てなかったり、上手くいかないことがほとんどでした。でも、そんな時にも、自分たちを信じて、また信じさせてくれたのは、今と同じように熱い声援を送ってくれるコーチとお父さん・お母さんでした。一番悔しがってたのはさのコーチですけどね。怒りを抑えきれずGショックが飛んできて・・・みたいなことは2度3度ではなかったと思います。(笑)
そのおかげで!どんなに苦しい状況でも決して諦めずに戦えるようになれました。自分は、小学生の頃から選手としては特に目立った特徴もなかったけど、とにかく大好きなサッカーだけは諦めたくなかったし、負けたくなかった。その気持だけで今までやってきた気がします。
これはサッカーに限った話ではなく、何をするにしても強い気持ちが大事だと思います。結果はどうであれ、勝ちたい!とか決めたい!うまくなりたい!と願うことで何かを得ることができるんだと信じています。 町小には、そういう大事なところを教えてくれるコーチやお父さん・お母さんがいます。 ほかにも僕はサッカー選手である前にまず人として大切なことの多くを桜町SCで教わりました。

■桜町SCの選手たちへ■
お父さん・お母さんは、熱心であるがゆえにときには怒鳴ってしまうこともあるけれど、それはみんなに期待してるからなんだよ!
逆に、そう言ってくれる人や、恵まれた環境にいることに感謝して頑張って下さい。 今は思いっきり楽しんでチャレンジしてこう。
人は、頭でイメージできることは実現できる可能性が高まるらしいです。今もっている夢をより具体的にイメージして、その夢のような自分に近づけるように頑張って下さい。お互いがんばりましょう!
そして、たまに遊びに行くのでまた面倒みて下さい。早めにライバルになりそうな新しい芽を摘みに行くのでヨロシクお願いします。(笑)

■お父さん・お母さん方へ■
何も言わず選手たちを見守ってあげてください。 子供たちの自由な発想が”世界レベル”だったりします。 好きなサッカーを楽しませてあげて下さい。

最後に・・・
新たにサッカー人生を始めるにあたって。
これまで何も言わずに支えてくれたお父さん・お母さん、姉ちゃんや彼女さん、また町小からの付き合いのOやなぎ家のみなさんに友達、そして過足さん、さのさんをはじめコーチのみなさん、多くの町小のパパさん&ママさんたちのおかで僕は頑張れるんだと思っています。ほんとうにありがとうございます。 限られた時間の中で、自分の力を出しきって精一杯頑張りますので応援ヨロシクお願いします。これからも暖かく見守って下さい!


サガン鳥栖オフィシャルホームページ(HOTニュース)
J2鳥栖に青学大MF下地ら入団内定 - サッカーニュース : nikkansports.com

2007/11/14 Wed in クラブニュース
編集


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。